No.0 16/12/16(金) 14:56:14
(iPhone/34576)


ここは、月日も時間も名前も存在しません
どうぞ、ゆっくりお過ごしください


画像(67)   イイネ(24)
  • No.92  18/12/07(金) 01:33:48
    (iPhone/34576)

    2006年 表ウルトラ薄モザイク dmm アドレス
    http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/list/=/article=maker/id=40121/


    表、紅林あゆ美、スパンクバンク122分

    裏、竹中陽子、porno hub 画像悪


    裏、今永美玖、無毛53分

    裏、内藤花苗


    裏、 白石麻梨子 トラトラゴールド

    裏、雪乃さゆり=北村美沙子


    裏表、白鳥ゆな=真佐喜ゆなの=間宮千夏=菊川怜子、、、菊川玲に似てる


    裏、古賀春江 エッチな0930 .マン汁ダラダラ

    裏、沢野美香 気持ちイイですかご主人様♪ 天然娘 ( メイド可愛い )


    表、 女教師 暴虐の放課後 立花美涼 、妙に色っぽい

    古賀春江 36歳 エッチな0930


    池田咲=市川さとみ=鶴田舞=須藤理子=奥村沙織=長谷川由紀菜=ゆりこ・きょうこ(FC2動画)


    菊川亜美=上戸亜美=室井喜久恵
    パコパコママ 

    菊川亜美「熟女の火遊び飛びっ子装着 〜清楚風な美人妻〜」

    パコパコママ 菊川亜美 小雪似の美人妻 熟女の火遊び飛びっ子装着 〜清楚風な美人妻〜 33歳



    黒木えみ(東京熱)=秋山桃(エッチな4610)=まどか(パシフィックガールズ)


    杉木あや=杉木彩(破廉恥ドキュメント)=杉尾怜奈、20歳 アパレル店員、花と苺


    FC2 PPV 664905【個人撮影】いつき28歳 

    澄んだ瞳のネコ科パイパン美人妻に生ハメ口内発射、 kiss JAVにある!


    河西ちなみ=西河みなみ=今永美玖(無毛)


    西尾真里 垂れ乳ナイス!

  • No.93  18/12/10(月) 01:43:40
    (iPhone/34576)


    備前焼の巨匠と呼ばれる方のお話しを聞きました

    適当に聞いて 途中から 感動しました

    なので
    これは かなり かなり の文書です

    巨匠は

    こういう風に言っていたんじゃないかなあ

    こういう風に捉えてもいいんじゃないかなあ

    と、かなりのアレンジを してあります

    フィクションになっているかと思います


    いつも通りに、誰も見ていないから 細かいことは気にしなくてもいいよね

    ね、華さん



    巨匠は 備前焼の宝といわれるような作品

    世間に有名といわれる作品を、いくつか 作れました

    でも それらは

    その作品を作るために、必要不可欠な 道具たちがあったからこそ

    私は作れたのです、と


    その道具があったからこそです、と

    備前焼の宝といわれる作品を 私は作れました、と


    とても 謙虚な巨匠さんなんだなあ、と 中は 思いました


    そんな謙虚な巨匠さんにも 避けられない老いというのが

    ゆっくりと 静かに 訪れてきます


    いつしか 満足の出来る作品が作れなくなり

    最後となる作品を作る日が 訪れました


    老いた巨匠の作った 最後の備前焼


    それは

    若き日も 老いた日も

    ずっと 連れ添ってくれた 道具でした


    多くの宝を作るために必要だった道具を

    老いた巨匠は、最後の作品として焼くのです


    何十年もの間 共に作品を作ってくれた道具


    その連れ添った道具に

    巨匠は、ありがとう の 感謝の想いを込めて

    真心を込めて 彼の姿を 土で作り


    思いの丈を込めて 彼を焼きました


    その道具というのは

    燃えさかる窯の中で 焼け落ちる

    四つ割りの薪だったのです


    巨匠の備前焼を作るために

    焼け落ちて 灰となっていく薪です



    備前焼の宝と 褒め称えらる作品

    その陰で 灰となって消え去る薪たち


    何万本もの薪が、備前焼のために 焼け落ちて 灰となって消え去っています


    たくさんの備前焼の中でも、ほんの少ししか名を残せないのが 名作なのです

    そんな
    数少ない名作と呼ばれる備前焼のために

    数万本の薪たちは、燃え盛る炎の中で 我が身を熱く燃やしています



    巨匠は 灰となって消え去る薪たちに、ずっと感謝をしていたのです


    備前焼の宝が完成したのは

    己の力だけじゃないことを

    巨匠は知っていたのです


    灰となる彼らがいたからこそ、備前焼の宝が生まれたことを 知っていました


    だから 巨匠は、最後となる作品に

    灰となって消え去っていった 薪を選んだのです


    巨匠は全てにおいて感謝を忘れないから、備前焼の宝を作れたと思います

    感謝を忘れない巨匠の顔は とても素敵でした


    華さん、とても いい話しでしたよ

    ろくでなしの 中 も、泣いちゃいましたよ


    ただ、巨匠の想いを上手く伝えられない表現力の乏しさと 語彙の少なさが情けないです