No.0 12/12/16(日) 08:04:04

実体験談

匿名 (SN3V/e7349)
ぎゅうぎゅう詰めという程ではないが、そこそこ混んでた電車内で、後ろに居たスーツ姿のおばちゃん2人組。右後方の黒いパンツスーツのムッチリおばちゃんの胸に右腕が当たってて変な気分になり、少し動かしてみたが、大丈夫だったので肘でグリグリと巨パイの感触を楽しんでいた。おばちゃんはおっぱいをグリグリされながら左のおばちゃんとおしゃべりしていた。左の灰色のスカートスーツのおばちゃんもチラチラ見ながら普通におしゃべりしていた。普通、男ならおばちゃん2人まとめてナンパして3Pでも楽しむだろうが、小心者の自分にそんな度胸は無く、ドテチンをギンギンに勃起させながら、ひたすら肘でグリグリするのが精いっぱいだった。降り際、チラッとおばちゃんに目を向けると、オシッコを漏らしたみたいなシミがくっきりついていた。俺は思わずおばちゃんの股間を、スラックス越しにむんずとつかんで速攻飛び降りた。指についたおばちゃんのオツユの匂いをかぎながら、急ぎ足で階段を降りた。トイレに駆け込み、右手の匂いをかぎながら、肘の快感のよいんにひたり、なれない左手で自分のモノをしごいてスッキリした。
コメント(0)   画像(0)   イイネ(0)